QC7つ道具の「ヒストグラム」

ご支援している製造メーカー様で最近、
得意先からのクレームおよび工程内での不良等が多発しており、
再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、
品質が安定しない、どうすればよいか、とのお問い合わせを受けました。

そこで、前回のメルマガは、『QC七つ道具』のうち、
一般的に多く活用されている『特性要因図』について
ご説明させていただきました。

『特性要因図』 は、考えられるすべての要因を1枚の用紙に書き出し
分類と体系をすることです。
この作業をすることで発想や、気づきが出やすくなります。
また、体系化することで全体の構造を俯瞰することができ、
重要な要因を推測することも可能になることをご説明させていただきました。

今回のメルマガでは、『QC七つ道具』 のうち、
『ヒストグラム』についてご説明させていただこうと思います。

『ヒストグラム』とは、
縦軸に度数、横軸に階級をとった統計グラフの一種で、
データの分析状況を視覚的に認識するために主に統計学や数学、
画像処理等で用いられるグラフです。

柱図表、度数分布図、柱状グラフともいいます。

また、『ヒストグラム』は、散らばりを表すのに用い、
項目の分布を感覚的に把握することができます。

また、異常値の発見、データの集中度合いがわかりやすいグラフです。

『ヒストグラム』は、『棒グラフ』と似ておりますが、『棒グラフ』は、
複数の項目を比較するために用います。
つまり、独立した項目を比較するためのグラフが 『棒グラフ』 であり、
縦軸と横軸の長方形の面積を表現しているのが
『ヒストグラム』ということです。

縦軸と横軸の面積を表現していることから、
横軸の項目でどの位置に集中しているか、
どの位置の横軸が少ないか等散らばり具合がわかる様になっております。

現場で品質改善をする場合のデータを見るときに、
データが1つしかないということはあまりないと思います。
いくつかのデータが集まっているのが普通だと思います。
この様な場合に、そのデータについて
次のような特性を知ることが不可欠です。

1.データの代表する値は何か
2.データのバラツキはどのくらいあるか
3.規格値に対してどのくらいの不良が含まれているか
4.工程の管理状況は良好か

上記の様な情報を得るために 『ヒストグラム』 を用いることが有効です。
小職でよろしければいつでもご支援させていただきます。

このコラムの執筆者

常務執行役員 石井博(CTP:認定事業再生士)

常務執行役員

石井博(CTP:認定事業再生士)

所属:東京オフィス

  • プロフィール
  • 記事コラム

製造業にて自らが主体となって事業再生を成し遂げたことから自らの経験、体験を通じてご支援させていただく。 5S管理から部品別原価管理の構築に至るまで、現場の方々が主体性を持って生産活動ができるようなお手伝いをする。

最新コラム

製造業の皆様、在庫管理は実施されていますか?

  • 2017年05月25日 執筆者:石井博(CTP:認定事業再生士)

ご支援しているクライアント先で、 従前は半年に1回の現物在庫の棚卸を実施されておりましたが、 ご支援するようになってからは、毎月末に現物在庫の棚卸を 実施していただく様になり、やっと定着をしてきました(もっと読む

品質安定に層別分析を活用しよう

  • 2017年04月12日 執筆者:石井博(CTP:認定事業再生士)

ご支援している製造メーカー様で最近、 得意先からのクレームおよび工程内での不良等が多発しており、 再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、 品質が安定しない、どうすればよいか、 とのお問い合わ(もっと読む

QC7つ道具の「ヒストグラム」

  • 2017年02月02日 執筆者:石井博(CTP:認定事業再生士)

ご支援している製造メーカー様で最近、 得意先からのクレームおよび工程内での不良等が多発しており、 再発防止に努めているが一向によくなる気配がない、 品質が安定しない、どうすればよいか、とのお問い合わせ(もっと読む

一覧ページへ

  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け