しっかりしてや『池井戸潤』

私、TVドラマはほとんど見ないのですが、
この前たまたま池井戸潤氏原作の『陸王』の
第一回を見てしまい、事業再生コンサルタント
としての興味もあり、ついつい第三回まで
連続で見てしまいました。


池井戸潤氏と言えば、皆様ご存知の
『倍返しだぁ!!!』(半沢直樹)で
有名なコミカル経済小説家ですよね。


慶応義塾大学から旧三菱銀行へ入行と言う
元エリート銀行マンとしても有名です。


その時の経験を基に前述の『半沢直樹シリーズ』や
『下町ロケット』等々の、何か実在モデルが
在りそうな無さそうなお笑い経済小説を
得意にされていらっしゃいます。


私も活字中毒の怪しい事業再生コンサルタントして、
池井戸大先生の著書は一応コンプリート
させていただいております。


『努力は報われる。』『勧善懲悪』
『主人公は一度、必ずどん底まで堕ちる。』
そうです、そうなんです。
根底にある勧善懲悪、
そう、水戸黄門様と同じです。


賢明な皆様は既にご存知だと思いますが、
半沢直樹氏という名前の方が三菱東京UFJ銀行に
実在されているそうです。


『陸王』で言えば、『こはぜ屋』は埼玉県行田市にある
『きねや足袋株式会社』、マラソン足袋陸王は
杵屋の作った『きねや無敵』がモデルです。


ちなみに『アトランティス』は『アシックス』
(アシックスさんには小藪みたいな邪魔する奴は
居なかったし、しなかったそうです。)


そうです、そうなんです。


池井戸潤氏はお笑いパクリ小説家、いや失礼、
あまり世間に知られていないちょっとした
企業のエピソードをオマージュし、
我々愚民にも解り易いように若干コミカル且つ、
デフォルメした表現を多用した手法を
得意とした先生なんですね。


しかし、小説として読むぶんにはそれなりに
リアリティがありますが、TVドラマになったとたん、
もう無茶苦茶です。


デフォルメした小説をTVがよりデフォルメする、
デフォルメの2乗になってしまいますから
もう笑ってしまうしかありません。


役所広司演じる主人公、
宮沢社長が銀行へ融資依頼に行ったときなんて、
あまりにもあり得ない展開で笑ってしまいました。


銀行員が取引先の企業に対して事業性が無いだとか、
上から目線で説教するのはご愛敬でしたが、
融資が下りなくて落胆している宮沢社長に対して、
埼玉中央銀行の坂本君
(こはぜ屋に肩入れしすぎて前橋支店に異動、出世?左遷?)が、
『社長、今から言うのは、私の独り言だと思って聞いてください。』
と言って、どんな素晴らしいソリューションを提案するかと思えば、
『定期預金解約』って、、、、、、


そんなこと普通の中小企業のおっさんだったら真っ先にしてますって!


第一まだ融資を受けようとしているという事は、
約定弁済をしているということだから、
定期解約⇒リスケジュールまでは、いろはの『い』、
空手で言えば『型』、
カレーに『福神漬け』くらい当たり前の事でしょう。


また、こはぜ屋はどでかい工場の真ん中でたった10数人が
働いているだけだし、テレビで見る限り市街地の中に
工場があるんだから、土地の一部売却とか
マンション建設とか何とでも有効利用出来るでしょうに、、、、


足袋製作一筋なんだから土壌汚染の心配もないはずです。


ぱっと見たところ、最低500坪はあるはず、
いやここは事業再生コンサルタントして
正確を期すためにも現地調査を実施してみたところ、
約700坪はありました。


所在地は埼玉県行田市向町、行田市駅から徒歩12分、
坪単価約15万円、最低でも5,000万円にはなるはずです。


上白石萌音ちゃん演ずるところの宮沢社長の娘
『茜(高校3年生)』が『私留学する事に決めた!』と言って、
300万円~と書かれたパンフレットを持ってきたときは、
なんて空気の読めない娘なんだ、


親がこんなに苦しい時に、
なんて奴だ!これじゃ俺の息子と一緒じゃないか!と、
わが身に置き換え怒りに震えておりましたが、
なんのなんの、
茜ちゃんはしっかりと計算していたんですね。
工場のオフバランス化なんかを、、、


それに引き換え、
先代から50年も経理をやっている玄さん(志賀廣太郎)、
能力無さ過ぎ。


損益計算しかできない、しない、
経理屋さんだったんですね。節約命!
こんな真面目な人が銀行員に手玉に取られるんでしょうねぇ。
宮沢社長も可哀そう。


さぁ、こんな風に困っている方は私どもにご連絡ください。


こんなケースは滅多にないでしょうが、
少なくとも銀行との交渉に頭を痛めておられる社長は迷わずお電話を。
私以外の優秀なコンサルタントが
御社の状況に合わせたベストなソリューションを提案してくれるでしょう。

このコラムの執筆者

常務執行役員 神崎和也(CTP:認定事業再生士)

常務執行役員

神崎和也(CTP:認定事業再生士)

所属:大阪本部オフィス

  • プロフィール
  • 記事コラム

流通、サービス業等のチェーンビジネス全般 独自の視点を生かしたコアビジネスの選別による組織再編型事業再生

最新コラム

『メルカリ』で、儲かってまっか?

  • 2017年05月30日 執筆者:神崎和也(CTP:認定事業再生士)

憎めないけど『ただのアホ』 つい最近聞いたどこぞの怪しいコンサルタントの 嫁はんの面白い話があります。 そのおばちゃんは誰に聞いたか分からんけど 最近『メルカリ』にハマってるらしいんです。 『メルカリ(もっと読む

猫も杓子も借金してまで大学に行って何をどうする

  • 2017年04月04日 執筆者:神崎和也(CTP:認定事業再生士)

最近、新聞、TVなどで、奨学金を返せなくて 苦労をしている人達の話が良く出ていますよね。 奨学金が返せなくて風俗で働く女性の話が新聞に載っていましたが、 それはどう考えてもレアケースです。 だって、奨(もっと読む

『税金のちょっとした大問題』を熱く語ります

  • 2016年12月27日 執筆者:神崎和也(CTP:認定事業再生士)

前回のセブンカフェの話が結構受けているみたいなので、 今回は『マクドナルドのドライブスルーの正しい注文方法』もしくは 『スターバックスを3倍楽しむ方法』でも書こうかと思ったのですが、 株式会社喜望大地(もっと読む

一覧ページへ

  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け