分かりやすいM&Aを漫画で解説 vol.1

この度、
中小企業の会社売却をマンガで説明したランディングページ
LP(簡易HP)をオープンしました。
5分程度で読めるマンガなのですがポイントはしっかり抑えています。


今すぐでなく何年か後には検討したいなという社長にこそご覧頂きたいです。
また周りに後継者問題で悩んでいる社長が
いらっしゃれば、是非本サイトを紹介してください。


http://www.gmmi-ma.jp/


なんで当社がM&Aなの?再生コンサルでしょ?


きっかけは事業再生を終えて再成長段階に入った40代社長の言葉でした。


「会社は立ち直れたけど、正直言うと、
もう連帯保証を負うのに疲れたんだよね。
〇〇億円位で会社を売却して、連帯保証も外してもらって、
でも社長を続けるって無理かな?」


はい、できました。
満足いく金額で売却し連帯保証も外れ社長業も続投です。


さらに買収先で経営陣に加わり、
新たにプロ経営者として大活躍中です。


後日、
「坂本さんに売却側に特化した立場をとってもらったのが良かった。
仲介型のM&Aコンサルだったならば、
こんなタフな交渉はできなかったと思う。」
というありがたいお言葉をいただきました。


上のような経験から、M&Aコンサルを強化しています。


特徴は2つです。


1.再生段階から一気通貫で支援します。
 赤字会社は再生からスタートできますし、
 再生後でも当社を誰よりも熟知したコンサルが売却支援するので安心です。


2.売却側に特化した支援を行います。よくあるのは仲介型です。
 買収側の多くは大企業ですが、
 今後の継続取引が期待でき、知識も豊富です。
 一方、売却側の中小企業は生涯で唯一の売却で、知識は皆無です。
 ものすごいハンデがあるんです。
 中小企業の再生コンサルですから、
 最後まで徹底して中小企業の味方をします。
 仲介と比べると手数料は半分になりますが、構いません。
 再生コンサルも売却支援も目的は一緒。
 中小企業の社長の幸せの達成なのですから。


今回はきっかけ編でしたが、次回は国内のM&A事情についてお伝えします。

このコラムの執筆者

常務執行役員 坂本利秋(CTP:認定事業再生士)

常務執行役員

坂本利秋(CTP:認定事業再生士)

所属:東京オフィス

  • プロフィール
  • 記事コラム

IT、建築、エンターテインメント、広告業界 売上10億円~100億円規模の事業再生 事業再生から事業開発までワンストップ支援

最新コラム

『腕時計投資』から、投資を考える

  • 2017年06月08日 執筆者:坂本利秋(CTP:認定事業再生士)

ひょんなことから腕時計投資の存在を知りました。 腕時計を購入し、それを日常使いしながら、 含み益が出た段階で売却し利益を確定させるものです。 それってロレックスのデイトナのような超人気商品に限った話で(もっと読む

クライアント様にエールを送る!

  • 2017年05月15日 執筆者:坂本利秋(CTP:認定事業再生士)

書きたいことは多くあれど、書けないことばかり。。。 期初でもあり、この場を借りてお客様へエールをお送りします。 ほとんどの方には意味不明と思いますが、お許しを。 首長再選おめでとうございます。 ドキ(もっと読む

『赤字の会社でも、売却可能なノウハウ』VOL.2

  • 2017年03月13日 執筆者:坂本利秋(CTP:認定事業再生士)

『会社売却も悪くないんだけれど、引退するには早すぎるんだよね。 かといって今から起業をする気もないし。』 小職が売却支援をしたオーナー社長さんへ 最初に会社売却をおすすめした時の反応です。 皆さんも漠(もっと読む

一覧ページへ

  • 弊社会長・洲山による、負債30億の苦境を乗り越えた経験と方法をはじめとする、これからの経営に関する様々なノウハウを皆さんにお伝えいたします。
  • お問い合わせご相談はこちら

  • 0120-59-8686
    受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールでのお問い合わせ・ご相談
    年中無休/24時間受け付け